【ご注意】携帯電話、スマホ等では、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください。

小林 節子



第513回 京都へ



◎リングリンクホールをお貸しします◎
 貸しホールについてはこちらから!


 

 

9日(月)

昨夜の前夜祭を終えて、朝6時、修学旅行へ旅立つ3人は諏訪南ICから高速へ。
京都を目指しますが、雲行きは怪しく、、がなんら影響なく、車内はおしゃべり続き。

松川でまず誼美さんはリンゴを仕入れます。京都で、釜焚きでジャムを作るとか。

途中滋賀県で降り、寛政時代創業の丸中醤油店へ寄りますが、中へ入ると、 あまりのいい香りにうっとりです。
いい菌が住み付いているんですね〜

予定通り、八坂神社前を11時半通過、誼美さんの円山公園奥の「お宿吉水」の 到着12時。
そこから車2台で、食材の豆腐などを仕入れ、龍安寺内の 湯豆腐料理を食べに12時半着。
雨でしっとりとした京都の秋を楽しみます。
その後ちょっとだけ嵐山の雑踏を見せていただき、車は綾部へ向かいます。

予定通り4時到着。原村より田舎と思える山の京都は紅葉真っ盛り。
誼美さん「断れなくてね、、、女性客一人受けてしまったの、明日50歳の記念のお誕生日なんですって」そうだ、ここは旅館でした。

愛車を美しき庭に駐車し、464.8キロの「お疲れさん」です。

私たちは、さ〜出陣。
まずはあやべ温泉で温まり、前掛けきりりと絞めて、台所で準備です。
初めてお会いした方(客です)とご一緒のテーブルで、、、鍋を囲みます。
ハーピーバースデイまで歌ってしまいました。

明日6時出発で、海の京都・舟屋で有名な美しき漁村、伊根まで行く予定のようですが、お客さまも行きたいとのことで、よかった!と一気にに決まり、明日の朝食サンドイッチの準備をすませ、24時、バタンキューの一日目です。



10日(火) 

朝6時、海の京都へ、4人で出発です。途中で美しい民家を見ながら、、

伊根町は若狭湾のさらに奥の伊根湾沿いに約230軒の舟屋がぐるりと並ぶ町並みです。
獲れたて魚を目指して早朝行きますが、残念、今日は高波で漁業組合が休みでした。

では町をぶらぶらと。
「日本一の給食、、、」見たかったのですが、、、 時間なくあきらめました。

さすが誼美さんは校長を訪ねて見せてもらったとか。
次回の楽しみにしました。山の幸、海の幸、地産地消で、、それは見事とか。

各戸は海に面し、駐車ならぬ駐舟場を持ち、いかに舟が大事だったかわかります。
発見1。湘南の海のような潮の匂いが皆無。発見2。コンビニ一軒もなし。
穏やかな営みのある町は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されてますが、想像通り、あの寅さんも来ていました。

 

創業宝暦4年(1754年)の酒屋に寄って、町を後にしました。

帰り道、元伊勢と呼ばれる籠神社、その奥の院、真名井神社へ。
古代の祭祀場、2500年前の磐座も、、、若者に人気のパワースポットとか。

籠神社の前は、天橋立の出口ですが、、、そこからしばらく歩いてみます。
反対側と違い土産屋も喧騒もなく、もしかしたら昔はこちらが入り口では。

さらに明治26年創業の富士酢を訪ねます。
無農薬の米つくりから始めている社員の方は誇りに満ち、工場内や昔の酢の絞り機まで見せてくれました。試飲は空きっ腹に少々辛いものがあります。

午後一時、お付き合いいただいた、本日お誕生日の女性客を送りますと、誼美さんが、「今日も外国人2人が来るようなの、1時半バス停へ行かなきゃ」
治子さんと私は、、、ドキッ! 「どこの国の方?」「さ〜どこかな?」

降りてきました。フランス人ご一家。6歳の坊やと乳飲み子付きです。
狭い車にひしめきあい、誼美さんはフランス語で
『ポリスきたら首ちじめて。 でも大丈夫。たった一人のポリス、私のお友達」
わかったかな〜

戻り、夕食の準備。さらに誼美さんはお風呂焚き。なんとこれが薪です!
私は、シーツ6枚を軽くアイロン掛け。

8時半、すべて終わり、、、2階で、3人で夕食。「楽しかったね!!!」
さて薪焚きのお風呂へ、と思いきや、文化の違いか、お湯は抜かれていました。



11日(水) 

あまりに庭が美しく、フランス人ご一家の朝食は急遽、囲炉裏の部屋に なりました。
囲炉裏を起こし、温めて、、、赤ちゃんには玄米、原村の野菜、豆乳の離乳食が出来上がり、ママを感動させます。

11時半、後ろ髪引かれる思いで、治子さんと綾部を後にしました。
もう一泊のご接待、誼美さんならやり抜くだろうな〜と、、、

帰りは舞鶴若狭自動車道、北陸道、名神、東海道、中央道と乗り継いで約5時間、385、5キロ。
オープンカフェを開いてくれていた、佳子さん、千枝子さんにお礼を言って、7時からの「11日の会」茅野へ向かいます。

今夜の会は、間宮さんも行ってくれた名取市仮設住宅訪問の報告会です。
田中さんの報告、そして臼井則孔さんが手回しオルゴール演奏、八幡香さんが朗読で参加してくれました。

誼美さんからメール。釜焚きりんごジャムは成功し、京都吉水の朝食用に届け、これから大磯へ電車で帰ります、と。
今朝、6歳の坊やからは、「メルシー」と感謝状が。
誼美さんの「ちょっと前の日本の暮らし」を味わうお宿は、小さいけれど、大切な外交館のように思えます。



12日(木) 

帰りがけに採った綾部の庭の柚子が美しく、余韻を楽しんでいます。

午後から原村役場へ出かけました。
明後日4時から、原村「星空のイルミネーション2015」の点灯式が行われますが、実行委員の方たちと、打ち合わせです。
準備には参加できず申し訳なかったのですが、司会でお役に立てそうです。

夕刻冷え込みが厳しくなりだしました。
おかしな雲が八ヶ岳に忍び寄り、、、、天気が持てばいいのですが、、、


13 日(金)

治子さんと連れ立って、夕刻、二人とも知り合いの清里の蕎麦屋さん「草五庵」に出かけます。店の外には美しいつるし柿、、、、

ご主人の関澤さんは国立市で「大平」という有名なお店をされていた時、1995年「日経レストラン」で取り上げさせていただきました。
今我が家は断捨離中、昔の資料が出てきて、関澤さんに届けに行くと、 思いがけず喜んでいただけました。
それからず〜と続いていますから、かれこれ20年のおつき合いです。

奥様と二人三脚で、室礼、料理、店の全てに関澤さんの美意識が行き届き、さらに蕎麦が格別に美味しい。言うとこなし。

今夜は治子さんの運転手。関澤さんと二人で気持ち良く飲んでいただき、話は料理、素材、農業、、、、地方の過疎地解消法、、、果てしなく夢物語が広がります。



14日(土) 

今日は、原村名物「星空のイルミネーション」リニューアルして初の点灯式が、ペンション村朝市広場で開かれます。司会を受け持ちました。

 

1時にスタッフは集まり、テントを張り、灯りを用意、さらに振る舞い用のスープ、甘酒、米粉パン、、、などなどセッティング。
空を見てはため息。雨が止みそうにもありません。

4時半、振る舞いが始まり、人が集まり始めます。嬉しいことです。
5時半、点灯式開始。
雨はますます強く降りますが、、、なんのその、 リニューアル後のイルミネーションを初めて見るわけですから、ワクワクです。

カウントダウンのなか、五味村長、原小の二人の子供の手で、点きました!
星は見えない雨空のなかで、美しいイルミネーションが輝きます。
司会と撮影はちと無理と後日の星空市にと、カメラは諦め、司会に徹します。

あとは小松さん率いる恒例のゴスペル、原小学校の林先生指揮の原小合唱団の歌声に、雨の中でも参加者は最後までいていただき感謝です。

星のふる村の冬の風物詩、星空のイルミネーションには今回なりませんでしたが、参加してくださった方達の暖かい心をいただき、素敵な思い出を共有できました。

11月21・28日、12月5・12・19・23日の原村・星空市に是非 お出かけください。
美しい星空とイルミネーションがお待ちしてます。



15日(日) 

今日は、東京へ向かいます。
ネイティブアメリカンフルート奏者・マークアキクサさんも15年の時を経て、2時から東京多摩プラザで、マークさんと仲間のお弟子さん達25人と合同演奏会を開き、司会を引き受けました。

東京へ向かう特急あずさのお供に、素晴らしい本が届きました。
大学先輩でジャーナリストの嶌信彦さんからのプレゼントで、近著・「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)

 

1945年、満州からシルクロードのウズベキスタンに送られた捕虜達がソ連の四大劇場の一つとされたナボイ劇場を建てました。
永田大尉を隊長とするこの収容所の若き工兵達は大工、電気工、鳶職、、、
彼らは応召前は伝統技術の担い手ばかり。
この日本の職人の仕事が、 その後に起こる直下型大地震で、ビクともせず、この日本兵たちが想起され、称賛の声が上がったといいます。
この奇跡のような物語に、読む前からワクワクし、車中が楽しくなりそうです。

では、行ってまいります。また来週!


「なんたって今年一番 びっくりコンサート」


茅野駅アンダンテ店長・五味さんの歌を聴く会。
ピアニスト鈴木篤志氏とのコラボ!
楽しいピアノ演奏が聴けます。

2015年12月1日(火曜日)
午後2時開演 終了4時
リングリンクホールにて。定員 50名
入場料 1500円
(東北支援チャリティーとして)(お茶付き)
主催者 原房子(スマイルプロジェクト)・小林節子
申し込み 原(090−9666−0807)
小林節子(0266−75−3727)


(写真 :小林節子)

ホームページ制作 はらむら通信


第512回へ                         >> Home





[貸しホール]
リングリンクホールをお貸しします。あなたも催しを開いてみませんか?
貸しホールについての詳細はこちらから! → CLICK! 


クリックで救える命がある。


【バックナンバー】

第512回 この年も〆の時へ動き出しました(2015.11.02)
第511回 美しい秋景色です(2015.10.26)
第510回 美しい秋景色です(2015.10.19)
第509回 自然に力をいただいて生きている(2015.10.12)
第508回 リングがどんどんリンクしていきます(2015.10.05)
第507回 秋日和が戻ってきました(2015.09.28)
第506回 流のなか、必死で泳ぐような日(2015.09.21)
第505回 心穏やかになれぬ日は、、、(2015.09.14)
第504回 一日も早く穏やかな日が戻りますように(2015.09.07)
第503回 この年の夏は去って行きました(2015.08.31)
第502回 「ハレ」から「ケ」へ(2015.08.24)
第501回 行く夏を惜しんで(2015.08.17)
第500回 お盆休み〜(2015.08.10)
第499回 イベントがやっとまた一区切りして(2015.08.03)
第498回 心より、感謝を込めて(2015.07.27)
第497回 熱い夜でした(2015.07.20)
第496回 虹を追いかけました(2015.07.13)
第495回 ツバメの巣立ち(2015.07.06)
第494回 瓢箪から駒で、、、地鎮祭(2015.06.29)
第493回 縄文人と先住民ホピ族の知恵を聴く会(2015.06.22)
第492回 また、雨が降り始めました(2015.06.15)
第491回 美しい一日に心から感謝(2015.06.08)
第490回 レンズの向こうに、、、昭和がある(2015.06.01)
第489回 焚き火にはまっています(2015.05.25)
第488回 穏やかな週が過ぎました!(2015.05.18)
第487回 15周年記念イベントが始まりました!(2015.05.11)
第486回 食・農サミット2015開催(2015.05.04)
第485回 笹離宮開園(2015.04.27)
第484回 原村に桜前線が到着しました(2015.04.20)
第483回 何かが始まる新月の夜(2015.04.13)
第482回 ほんの少しの春の風、春の香(2015.04.06)
第481回 兄の一周忌(2015.03.30)
第480回 人生はマラソンだ!(2015.03.23)
第479回 誕生日でした(2015.03.16)
第478回 4年目の3月11日が廻って来ました(2015.03.09)
第477回 原村の産業振興(2015.03.02)
第476回 母の一周忌でした(2015.02.23)
第475回 寒いけど、穏やかな週です(2015.02.16)
第474回 銀座・青山とは、別世界(2015.02.09)
第473回 原村の楽しみ方(2015.02.02)
第472回 縄文人に思いを馳せる(2015.01.26)
第471回 雪と氷の世界にいます(2015.01.19)
第470回 −10℃の中のどんど焼き(2015.01.12)
第469回 新年行事が続きます(2015.01.05)
第468回 年初のご挨拶(2014.12.29)
第467回 クリスマスは東京でロケでした(2014.12.22)
第466回 忘年会シーズンです!(2014.12.15)
第465回 朗読会ふたつ(2014.12.08)
第464回 思い出多き2014年もあとひと月(2014.12.01)
第463回 映画が好き!(2014.11.24)
第462回 イルミネーションフェスティバル開始!(2014.11.17)
第461回 白い女王がすぐにやってくる(2014.11.10)
第460回 「福祉まつりin草加」に行ってきました(2014.11.03)
第459回 飽きない八ヶ岳です(2014.10.27)
第458回 まるごと収穫祭が開催されました(2014.10.20)
第457回 美しい秋の八ヶ岳です(2014.10.13)
第456回 台風の季節ですが原村は穏やかです(2014.10.06)
第455回 小津安二郎記念・蓼科高原映画祭でした(2014.9.29)
第454回 音楽と収穫の秋(2014.9.22)
第453回 心地よい日が続きます(2014.9.15)
第452回 赤トンボが舞い始めました(2014.9.08)
第451回 9月第1週もあっという間に終わり、、、(2014.9.01)
第450回 早くも食欲の秋を迎え(2014.8.25)
第449回 音楽に包まれる日々(2014.8.18)
第448回 どこかに小さな秋の気配(2014.8.11)
第447回 「蓼科笹類植物園〜笹離宮」完成!(2014.8.04)
第446回 真夏の幕開け(2014.7.28)
第445回 夏休みがやってきました(2014.7.21)
第444回 高原のイベントが次々と(2014.7.14)
第443回 もう少し青空がほしい7月です(2014.7.07)
第442回 2014年・後半のスタートです(2014.6.30)
第441回 千客万来です(2014.6.23)
第440回 梅雨明けが待たれます(2014.6.16)
第439回 「ヤギと暮らす一日」(2014.6.09)
第438回 山羊のゆめちゃんをご紹介します(2014.6.02)
第437回 あっという間に6月を迎えて、、、(2014.5.26)
第436回 森も田んぼも爽やかです!(2014.5.19)
第435回 こんな至福の時をありがとう(2014.5.12)
第434回 へとへとですが満足な週でした(2014.5.05)
第433回 緑光る皐月がやってきました(2014.4.28)
第432回 縄文小屋造りの一週間(2014.4.21)
第431回 なんという贅沢な田舎暮らし!(2014.4.13)
第430回 大病かと思いきや、、、(2014.4.07)
第429回 兄・重夫が旅立ちました(2014.3.31)
第428回 頑張る若者達とともに(2014.3.24)
第427回 草萌える命の月・3月からスタート!(2014.3.17)
第426回 特別な一週間が過ぎました(2014.3.10)
第425回 母・文代が旅立ちました(2014.3.3)
第424回 いつもの生活に戻りました!(2014.2.24)
第423回 「徹子の部屋」と大雪騒動は続く(2014.2.17)
第422回 信じられないほどの大雪です!(2014.2.10)
第421回 春遠からじ、、、とはいえ、大雪です!(2014.2.13)
第420回 風邪をひいてしまいました・・(2014.1.27)
第419回 母の98回目の誕生日(2014.1.20)
第418回 「徹子の部屋」に行ってまいりました(2014.1.13)
第417回 「徹子の部屋」の徹子さんに会えます!(2014.1.6)
第416回 初仕事は和服でオペラ(2013.12.30)
第415回 世界中が愛と平和を祈る日(2013.12.23)
第414回 雪の季節が始まりました(2013.12.16)
第413回 年末らしいイベントが続きます(2013.12.09)
第412回 八ヶ岳はロケ日より〜(2013.12.02)
第411回 何かが始まる予感の12月です(2013.11.25)
第410回 我が家の庭も雪化粧しました(2013.11.18)
第409回 阿弥陀岳にも初雪が降りました(2013.11.11)
第408回 “師匠”永さんの旅は続きます(2013.11.4)
第407回 紅葉真っ盛りの原村です(2013.10.28)
第406回 紅葉が美しい台風一過です (2013.10.21)
第405回 農場写真展も入選作が決まりました (2013.10.14)
第404回 秋たけなわの原村です (2013.10.7)
第403回 秋の夜は贅沢に過ぎていきます(2013.9.30)
第402回 今年も蓼科映画祭が終わりました(2013.9.23)
第401回 原村も実りの秋を迎えています(2013.9.16)
第400回 八ヶ岳も黒雲に覆われます(2013.9.9)
第399回 原村も秋の空に変わりました(2013.9.2)
第398回 月見草が咲き出しました(2013.8.26)
第397回 暑さも山を過ぎたでしょうか(2013.8.19)
第396回 思いがけぬ出来事が続く暑い夏です(2013.8.12)
第395回 原村に縄文の音色が響き渡ります(2013.8.5)
第394回 高原にひまわりが咲きだしました(2013.7.29)
第393回 選挙立会人を初体験です(2013.7.22)
第392回 猛暑の一週間でした(2013.7.15)
第391回 縄文小屋を笹葺きしました(2013.7.8)
第390回 八ヶ岳は今日も雲の中です(2013.7.1)
第389回 高原に初夏がやってきました(2013.6.24)
第388回 口福な一週間でした(2013.6.17)
第387回 ご褒美は天空の茜空です(2013.6.10)
第386回 原村も梅雨入りしました(2013.6.3)
第385回 稲の子が五月の風に揺れます(2013.5.27)
第384回 美しい石巻を訪ねました(2013.5.20)
第383回 桜がまだ見頃の原村です(2013.5.13)
第382回 原村は桜が満開の黄金週間でした(2013.5.6)
 
第381回 四月の終わりは雪も桜も・・・ (2013.4.27) 
第380回 まだまだ雪の原村です(2013.4.22) 
第379回 木々が芽吹きはじめました (2013.4.15) 
第378回 まだまだ0℃の世界です (2013.4.8)
第377回 いのちが喜びの声をあげます (2013.4.1) 
第376回 まるやち湖の雪が消えました (2013.3.25) 
第375回 まだ零下の朝もある原村です(2013.3.18) 
第374回 雪融けはありがたくもスリリング(2013.3.11) 
第373回 凍結した氷も少し緩み始めました(2013.3.4) 
第372回 氷点下の毎日が続きます(2013.2.25) 
第371回 雪かきに追われる毎日です(2013.2.18) 
第370回 温度計はまだ氷点下の原村です(2013.2.11) 
第369回 雪が融けたり、また降ったりの毎日です  (2013.2.4)  
第368回 インフルエンザに罹りました  (2013.1.28)  
第367回 母の97回目の誕生日を祝いました  (2013.1.21)
第366回 どんど焼きで無病息災を祈りました  (2013.1.14)

第365回 今年も横浜で新年のスタートです  (2013.1.7)
第364回 2013年も実りの時でありますよう  (2012.12.31)
第363回 忘年会が連日続きます  (2012.12.24)
第362回 今年も沢山の皆さまに支えられました  (2012.12.17)
第361回 外はマイナス5度の世界です (2012.12.10)
第360回 八ヶ岳も冬の厳しい表情に… (2012.12.3)
第359回 冬への準備が始まります (2012.11.26)
第358回 八ヶ岳にも初雪が降りました  (2012.11.19)
第357回 紅葉もそろそろ終わりです  (2012.11.12)
第356回 朝の庭は霜でもう真っ白です  (2012.11.5)
第355回 紅葉の葉も落ち、季節は冬へ…  (2012.10.27)
第354回 八ヶ岳農場の紅葉も駆け足です  (2012.10.22)
第353回 我が家はもう初ストーブです  (2012.10.15)
第352回 茸好きは落ち着かない季節です  (2012.10.8)
第351回 お月見台風は無事通り過ぎました  (2012.10.1)
第350回 原村は黄金色に染まっています  (2012.9.24)
第349回 原村でも稲刈りが始まりました  (2012.9.17)
第348回 絽刺し展も無事終わりました  (2012.9.10)
第347回 一雨ごとに気温が下がってきます  (2012.9.3)
第346回 友人万来の一週間でした  (2012.8.27)
第345回 一気に秋に向かう原村です  (2012.8.20)
第344回 夜半はもう寒いほどの原村です  (2012.8.13)
第343回 朝夕の風にもう秋を感じます  (2012.8.6)
第342回 頭脳をブラッシュアップの週でした  (2012.7.30)
第341回 野菜もグングン育っています!  (2012.7.23)
第340回 ホタルも飛び始めました  (2012.7.16)
第339回 雨も暖かくなっています  (2012.7.9)
第338回 緑がますます深くなっていきます(2012.7.2)
第337回 素晴らしい出会いに感謝です(2012.6.25)
第336回 沢山の出会いの一週間でした(2012.6.18)
第335回 原村も梅雨入りしました(2012.6.11)
第334回 今週も幸せな一週間でした(2012.6.4)
第333回 原村も田植えの季節です(2012.5.28)
第332回 今年も藤村俊介さんで幕開けです(2012.5.21)
第331回 忙しい季節到来です(2012.5.14)
第330回 桜の花がやっと満開です(2012.5.7)
第329回 桜前線が近づいています(2012.4.30)
第328回 田んぼで苗作りが始まりました(2012.4.23)
第327回 ふきのとうが顔を出しました(2012.4.16)
第326回 新しい季節の始まりです(2012.4.9)
第325回 今年の味噌作りが終わりました(2012.4.2)
第324回 春遠からじの原村です(2012.3.26)
第323回 誕生日は母に感謝する日(2012.3.19)
第322回 原村は今冬最高の積雪です(2012.3.12)
第321回 雪の中に春の息吹が聞こえます(2012.3.5)
第320回 今日もいい日になりました(2012.2.27)
第319回 花瓶の水も凍る寒さです(2012.2.20)
第318回 「響命」が無事終わりました(2012.2.13)
第317回 子どもたちに元気をもらいました(2012.2.6)
第316回 「響命」の準備に追われています(2012.1.30)
第315回 寒波襲来の原村です(2012.1.23)
第314回 雪が降るより寒い凍る冬です(2012.1.16)
第313回 今年は出来ることから始めねば(2012.1.9)
第312回 希望が見える年でありますよう(2011.12.31)
第311回 年賀状も大掃除もまだまだ・・・(2011.1226)
第310回 一年締めのおみくじは大吉(2011.12.19)
第309回 私も走り回る師走です(2011.12.12)
第308回 我が家も雪景色です(2011.12.5)
第307回 八ヶ岳も冠雪しました(2011.11.28)
第306回 原村のイルミネーションも始まりました(2011.11.21)
第305回 紅葉もそろそろ終わりです(2011.11.14)
第304回 暖かな霜月の始まりです(2011.11.7)
第303回 蓼科映画祭が終わりました(2011.10.31)
第302回 収穫の喜びの秋です(2011.10.24)
第301回 一週間の始まりは横浜から(2011.10.17)
第300回 八ヶ岳が秋色に染まりました(2011.10.10)
第299回 充実の秋を満喫しています(2011.10.3)
第298回 まさに嵐の一週間でした(2011.9.26)
第297回 芸術の秋を満喫しています(2011.9.19)
第296回 学ぶことばかりの一週間でした(2011.9.12)
第295回 「修学旅行」から帰国しました(2011.9.5)
第294回 ドイツから残暑お見舞い(2011.8.29)
第293回 ドイツへ行ってまいります(2011.8.22)
第292回 人があふれるお盆休みの原村です(2011.8.15)
第291回 66本目の平和のキャンドルです(2011.8.8)
第290回 平和とエネルギーを考える夏です(2011.8.1)
第289回 八ヶ岳高原も本格的な夏です(2011.7.25)
第288回 八ヶ岳を白い夏の雲が覆っています(2011.7.18)
第287回 緑はぐんぐん伸びています(2011.7.11)

第286回 2日連続のコンサートも無事終了(2011.7.4)
第285回 稲はすくすくと育っています(2011.6.27)
第284回 ホールのトイレがついに完成です(2011.6.20)
第283回 「にわっとり音頭」録音しました(2011.6.13)
第282回 名産セロリもすくすく伸びてます(2011.6.6)
第281回 夕暮れの田が黄金色に染まります(2011.5.30)
第280回 深い霧に包まれた原村です(2011.5.23)
第279回 原村に桜の季節がやってきました(2011.5.16)
第278回 田植えが近づいています(2011.5.9)
第277回 原村にまた雪が降りました
(2011.5.2)
第276回 桜前線が近づいています(2011.4.25)
第275回 ふきのとうが顔を出しました(2011.4.18)
第274回 白雲は風に身をまかせて・・(2011.4.11)
第273回 東北の空へ届け、やさしい思い・・・(2011.4.4)
第272回 雪解けはもうすぐです(2011.3.28)
第271回 初めの一歩が始まっています(2011.3.21)
第270回 心よりお見舞い申しあげます(2011.3.14)
第269回 春遠からじの原村です(2011.3.7)
第268回 庭の樹が伐採されました(2011.2.28)
第267回 感動と感謝はとどまることなく・・・(2011.2.21)
第266回 再び雪かきの毎日です(2011.2.14)
第265回 雪はどんどんとけていきます(2011.2.7)
第264回 冬には冬の愉しみが・・・(2011.1.31)
第263回 氷点下の毎日が続きます(2011.1.24)
第262回 原村は雪に埋もれています(2011.1.17)
第261回 雪の中で新年がスタートです(2011.1.10)
第260回 明けましておめでとうございます(2011.1.1)
第259回 太陽が元気なら、今日も幸せです(2010.12.27)
第258回 65本のキャンドルを祝いました(2010.12.20)
第257回 一日が飛ぶように過ぎる師走です(2010.12.13)
第256回 原村の朝は零下で始まります(2010.12.6)
第255回 山々の頂は真っ白です(2010.11.29)
第254回 スタッドレスに「付け替えました(2010.11.22)
第253回 紅葉が最後のきらめきです(2010.11.15)
第252回 八ヶ岳が初冠雪しました(2010.11.8)
第251回 この季節初の0度になりました(2010.11.1)
第250回 短い高原の秋を満喫しています(2010.10.25)
第249回 秋が美しく色づいています(2010.10.18)
第248回 ホールではストーブが燃えています(2010.10.11)
第247回 御柱祭はこれで終幕です(2010.10.4)
第246回 稲刈りの季節到来です(2010.9.27)
第245回 秋空の下、稲穂が輝きます(2010.9.20)
第244回 新たな出発の時です(2010.9.13)

第243回 猛暑の夏も終わろうとしています(2010.9.6)
第242回 猛暑が続く夏の終わりです(2010.8.30)
第241回 嬉しい出会いが続きます(2010.8.23)
第240回 素敵なお盆休みが終わりました(2010.8.16)
第239回 賑やかに10周年を祝いました(2010.8.9)
第238回 小さなマーケットに千客万来です(2010.8.2)
第237回 梅雨が明け、八ヶ岳に盛夏到来です(2010.7.26)
第236回 八ヶ岳に青空が戻ってきました(2010.7.19)
第235回 森の緑が濃く深くなってきました(2010.7.12)
第234回 八ヶ岳に夏の雲が広がります(2010.7.5)
第233回 オープンホールありがとうございました(2010.6.28)
第232回 オープンホールが始まりました(2010.6.21)
第231回 まだ御柱祭は続いています(2010.6.14)
第230回 若葉の美しさに心奪われる季節です(2010.6.7)
第229回 今週もたくさんの方々との出会いが(2010.5.31)
第228回 リングリンクホール10周年が始まりました(2010.5.24)
第227回 原村・東京・横浜・沖縄…長い長い一週間でした (2010.5.17)
第226回 御柱祭も花見も終わりました (2010.5.10)
第225回 御柱祭・里曳きが終わりました (2010.5.3)
第224回 遅霜でも日差しは春の原村です (2010.4.26)
第223回 雪の下で春が蠢きます (2010.4.19)
第222回 御柱祭山出しが終わりました (2010.4.12)
第221回 感動の御柱祭が始まりました (2010.4.05)
第220回 近づく御柱祭で落ち着きません (2010.3.29)
第219回 御柱祭が近づいています (2010.3.22)
第218回 雪かきの日々は続きます (2010.3.15)
第217回 まだまだ雪の原村です (2010.3.8)
第216回 雪が融けたり、また積もったり… (2010.2.27)
第215回 春が少しずつ近づいています (2010.2.22)
第214回 雪ももう少しの我慢です (2010.2.15)
第213回 如月は幸せに始まりました (2010.2.8)
第212回 お祭り好きの血が騒ぎます (2010.2.1)
第211回 庭の雪が少し解けました (2010.1.25)
第210回 今年の「初ドジ」をやってしまいました (2010.1.18)
第209回 御柱祭の一年がはじまりました (2010.1.11)
第208回 素晴らしい年になりますよう (2010.1.1)
第207回 のんびりと年が暮れていきます (2009.12.28)
第206回 今年の仕事は終わりました (2009.12.21)
第205回 氷点下にヴィオラが咲いています (2009.12.14)
第204回 カレンダーもあと一枚です (2009.12.7)
第203回 外は氷点下の原村です (2009.11.30)
第202回 庭に雪が深深と降りつづきます (2009.11.23)
第201回 薪小屋の冬支度も終わりました (2009.11.16)
第200回 庭が雪に覆われました (2009.11.9)
第199回 横岳の山頂にうっすらと雪です (2009.11.2)
第198回 日の入りが早くなりました (2009.10.26)
第197回 芸術の秋たっぷりの一週間でした (2009.10.19)
第196回 ストーブには石油をたっぷりの季節です (2009.10.12)
第195回 満月には感謝を、新月には願いを (2009.10.5)
第194回 今日もいい一日でした (2009.9.28)
第193回 9月13日は深く心に刻む一日になりました (2009.9.21)
第192回 気温がぐんぐん下がり始めました (2009.9.14)
第191回 八ヶ岳農場音楽祭の9月です (2009.9.7)
第190回 恒例の同窓会合宿に友が集いました (2009.8.31)
第189回 ソバの花が夕焼けに赤く染まります (2009.8.24)
第188回 お盆が終わり一気に秋に向かいます (2009.8.17)
第187回 64回目の夏を静かに祈りました (2009.8.10)
第186回 八ヶ岳はまだ雲の中に隠れています (2009.8.3)
第185回 梅雨が明けても晴れない原村です (2009.7.27)
第184回 音楽祭の準備に飛び回っています (2009.7.20)
第183回 どこもかしこも水と緑でいっぱいです (2009.7.13)
第182回 信州はまだ梅雨の中です (2009.7.6)
第181回 梅雨の合い間に青空がのぞきます (2009.6.29)
第180回 夢に向かい一歩踏み出しました (2009.6.22)
第179回 晴れたり曇ったり・・・山の天気がつづきます (2009.6.15)
第178回 梅雨前なのに雨の多い原村です (2009.6.8)
第177回 雨の日のホールで至福のひととき・・・ (2009.6.1)
第176回 高原に夏が近づいています (2009.5.25)
第175回 今年もズミの花が咲き始めました (2009.5.18)
第174回 日本列島今年最後のお花見です (2009.5.11)
第173回 八ヶ岳はまだ雪が降っています (2009.5.4)
第172回 標高1300mで桜開花です (2009.4.27)
第171回 桜前線は標高千mまで上がってきました (2009.4.20)
第170回 春の季節を迎えた原村です (2009.4.13)
第169回 原村の桜はまだまだです (2009.4.6)
第168回 自然も人も動き出す春です (2009.3.30)
第167回 誕生日はふるさと横浜で迎えました (2009.3.23)
第166回 春の到来に心が騒ぎます (2009.3.16)
第165回 雪かきした上にまた雪が積もります (2009.3.9)
第164回 父の旅立ちの樹氷にまた会えました (2009.3.2)
第163回 如月も暖かいままもう半ばです (2009.2.23)
第162回 春の陽気がつづく原村です (2009.2.16)
第161回 雪がどんどん溶けていきます (2009.2.9)
第160回 不思議に暖かな一週間でした (2009.2.2)
第159回 ますます寒さが増しています (2009.1.26)
第158回 原村は純白の世界です (2009.1.19)
第157回 2009年・原村が明けましたした! (2009.1.12)
第156回 お正月三が日を母と過ごしました (2009.1.5)
第155回 また生きやすくなった幸せな一年でした (2008.12.29)
第154回 今年もホールで世界平和を祈りました (2008.12.22)
第153回 師ではなくとも走る年の瀬です (2008.12.16)
第152回 この冬初の樹氷が咲きました (2008.12.8)
第151回 冬が間違いなく忍び寄ります (2008.12.1)
第150回 庭に粉雪が舞っています (2008.11.24)
第149回 JOIN大使に任命されました (2008.11.17)
第148回 我が家の庭に霜が降りました (2008.11.10)
第147回 冬支度がいよいよ始まります (2008.11.3)
第146回 冬の訪れを待つ晩秋の原村です (2008.10.27)
第145回 秋を満喫しています (2008.10.20)
第144回 ホール初の結婚披露宴です (2008.10.13)
第143回 雨と霧と寒さの増した原村です (2008.10.6)
第142回 田んぼでは稲刈りが始まりました (2008.9.29)
第141回 原村・東京・横浜を駆けめぐりました (2008.9.22)
第140回 秋の花が咲き始めました (2008.9.15)
第139回 空模様も私も大忙しの秋です (2008.9.8)
第138回 旧友との出会いを楽しんだ一週間 (2008.9.1)
第137回 稲穂が色づきはじめました (2008.8.25)
第136回 原村はもう秋です (2008.8.18)
第135回 父の初盆を迎えました (2008.8.11)
第134回 原村も本格的な夏休みシーズンです (2008.8.4)
第133回 標高1,300mでも暑いおかしな夏 (2008.7.28)
第132回 八ヶ岳はまだ雲の中です (2008.7.21)
第131回 父の「幻の101歳バースデー」週間でした (2008.7.14)
第130回 伊勢神宮で奉納舞楽の司会を務めました (2008.7.7)
第129回 梅雨の晴れ間の八ヶ岳にホッとします (2008.6.23)
第128回 梅雨でもあっという間の一週間 (2008.6.16)
第127回 原村も梅雨入りしました (2008.6.9)
第126回 ズミの花が真っ白な絨毯です (2008.6.2)
第125回 今年も藤村俊介さんでホールがスタート (2008.5.26)
第124回 父の青春の地を訪ねました (2008.5.19)
第123回 若葉の季節がはじまりました (2008.5.12)
第122回 千客万来のゴールデンウィークです (2008.5.5)
第121回 夜はまだストーブの原村の春です (2008.4.28)
第120回 “回遊魚せつこ”発揮の一週間でした (2008.4.21)
第119回 時にはまだ雪が降ります (2008.4.14)
第118回 鯉のぼりが泳ぎ出しました (2008.4.7)
第117回 雪解け水がゴーゴーと流れます (2008.3.31)
第116回 また歳をひとつ重ねました (2008.3.24)
第115回 雪が消えはじめました (2008.3.17)
第114回 初七日が過ぎました (2008.3.10)
第113回 父・慎一が旅立ちました (2008.3.3)
第112回 間違いなく・・・もうすぐ春です (2008.2.25)
第111回 雪はますます深く積もっています (2008.2.18)
第110回 雪の中に閉じこめられています (2008.2.11)
第109回 お日様に会えると嬉しい季節 (2008.2.4)
第108回 雪かきが日課の毎日です (2008.1.28)
第107回 原村は冷蔵庫の中にいる気分です (2008.1.21)
第106回 冬の自然はめまぐるしく変化して (2008.1.14)
第105回 忘れられないお正月になりました (2008.1.7)
第104回 あけましておめでとうございます (2007.12.31)
第103回 雪の原村からメリークリスマス! (2007.12.24)
第102回 冬の原村生活はスリリングです (2007.12.17)
第101回 田んぼも雪で薄化粧です (2007.12.10)
第100回 我が家にも雪が舞いました (2007.12.3)
第99回 村もイルミネーションの季節です (2007.11.26)
第98回 八ヶ岳の頂上は雪に覆われました (2007.11.19)
第97回 東京を泳ぎまわった回遊魚の一週間 (2007.11.12)
第96回 長く美しい一週間でした (2007.11.5)
第95回 上高地の秋を満喫しました (2007.10.29)
第94回 ミミさん、素敵な思い出ありがとう (2007.10.22)
第93回 ホールに永六輔さんをお迎えしました (2007.10.15)
第92回 原村はもうストーブです (2007.10.8)
第91回 原村に暮らす幸せに感謝・・・ (2007.10.1)
第90回 秋が美しく輝いています
(2007.9.24)
第89回 まもなく稲刈りも始まります (2007.9.17)
第88回 ホールはもう芸術の秋です (2007.9.10)
第87回 友人たちに囲まれた一週間でした (2007.9.3)
第86回 高原の夏が過ぎていきます (2007.8.27)
第85回 東京で信州の一週間でした (2007.8.21)
第84回 鳥の声にセミの声も加わりました (2007.8.13)
第83回 高原に夏が訪れました(2007.8.6)       
第82回  八ヶ岳も夏姿を見せはじめました(2007.7.30)
第81回  八ヶ岳はまだ雲の中・・・(2007.7.23)
第80回  台風の空を九州往復です (2007.7.16)
第79回  父の百歳感謝の集いが開かれました (2007.7.9)

第78回  八ヶ岳が顔を見せない梅雨空です(2007.7.2)
第77回  今年もホールにチェレスタの音が・・・(2007.6.25)
第76回  4日間は東京の一週間でした(2007.6.18)
第75回  森の緑が豊かさを増しています (2007.6.11)
第74回  田んぼが苗色に耀く水無月です(2007.6.4)
第73回  大学の仲間が集まった賑やかな週末(2007.5.28)
第72回 田植えが始まりました (2007.5.21)
第71回 森に初夏がやってきました (2007.5.14)
第70回 標高1300mの我が家も桜が咲きました (2007.5.7)
第69回  原村にもやっと桜前線が!(2007.4.30)
第68回  すべての存在は響き合っている(2007.4.23)
第67回  八ヶ岳は春霞の中・・・(2007.4.16)
第66回 千客万来に感謝の一週間 (2007.4.9)
第65回 新たなご縁に感謝して (2007.4.2)
第64回 父のインフルエンザと転倒騒動 (2007.3.26)
第63回 母の退院と私の誕生日 (2007.3.19)
第62回 侮ってはいけない 季節の便りが・・・(2007.3.12)
第61回 初めての冬 越せたぞ!(2007.3.5)
第60回 我ながら呆れる、週に東京2往復!(2007.2.26)
第59回 ドラマがいっぱいの一週間でした (2007.2.19)
第58回 ゆっくりゆっくり春に向かっています (2007.2.12)
第57回  雪解けのようにのんびりと…(2007.2.5)
第56回  少し春めいた原村です (2007.1.29)
第55回  大寒の寒さにも元気です!(2007.1.21)
第54回  寒さを好奇心一杯楽しんでいます!(2007.1.15)
第53回  新年早々の寒波襲来です!(2007.1.8)
第52回  あけましておめでとうございます(2006.12.31)
第51回  穏かなクリスマスです(2006.12.25)
第50回  61年目の平和を祝いました(2006.12.18)
第49回  原村は不思議なほどの暖冬です (2006.12.11)
第48回  初めての雪が降りました(2006.12.4)
第47回  母の骨折で大騒動(2006.11.27)
第46回  永六輔さんで始まった一週間でした(2006.11.20)
第45回  薪ストーブ大学を卒業しました(2006.11.13)
第44回  八ヶ岳が赤く染まっています(2006.11.6)
第43回  木々が色づきはじめました(2006.10.30)
第42回 秋が深まっています(2006.10.23)
第41回 原村は実りの季節です (2006.10.16)
第40回 八ヶ岳が初冠雪しました (2006.10.9)
第39回 山では紅葉が始まりました (2006.10.2)
第38回 さぁ、稲刈りが始まります(2006.9.25)
第37回 豊穣な高原の秋の訪れです(2006.9.18)
第36回 秋の始まりは千客万来 (2006.9.11)

第35回 夏に別れを告げて・・・(2006.9.4)
第34回 秋に向けて季節が動き出しました(2006.8.28)
第33回 高原はもう秋の気配です(2006.8.21)
第32回 お盆がすめばもう秋風が・・・(2006.8.14)
第31回 原村は夏の盛りです(2006.8.7)
第30回 八月がいい月でありますよう (2006.7.31)
第29回 朝崎郁恵さんのシマウタに感動です (2006.7.24)
第28回 父が元気に白寿を迎えました (2006.7.17)
第27回 野菜の季節が訪れました (2006.7.10)
第26回 田舎暮らしは忙しい! (2006.7.3)
第25回 梅雨の晴れ間が続きます (2006.6.26)
第24回 梅雨の中、初夏が近づいています (2006.6.19)
第23回 すべてが芽吹いて 緑もいきいき (2006.6.12)
第22回 サマーチェリーに魅せられて (2006.6.5)
第21回 花々がいっせいに開きました! (2006.5.29)
第20回 2006年のリングリンクホールもスタート! (2006.5.22)
第19回 山桜はしみじみ見るもの (2006.5.15)
第18回 原村も桜が咲き始めました! (2006.5.8)
第17回 お蔭様で引っ越しました! (2006.5.1)
第16回 さぁ、いよいよ原村移住週間です! (2006.4.24)
第15回 桜の散った東京で引越し準備が進みます (2006.4.17)
第14回 引越しも6回目ともなれば今や達人 (2006.4.10)
第13回 さぁ、東京で原村移住の準備です (2006.4.3)
第12回 原村も春の気配です (2006.3.27)
第11回 すべてが動き出しました (2006.3.20)
第10回 座禅草が咲きました (2006.3.13)
第9回 永六輔さんが補導された!? (2006.3.6)
第8回 自然は芸術家! (2006.2.27)
第7回 原村は春に向かいはじめました (2006.2.20)
第6回 原村にトロッコが走っていた頃・・・ (2006.2.13)
第5回 雲龍さんの笛で迎えた立春 (2006.2.6)
第4回 寒いほうが知恵がはたらく? (2006.1.30)
第3回 二十日正月は原村でのんびり! (2006.1.23)
第2回 祭りは年寄りの知恵の伝承 (2006.1.16)
第1回 原村の新年は静かで穏かです (2006.1.9)
                                  

第512回へ                         >> Home
               
                    Copyright(C) 2006-2015 Rin-no-sha All Rights Reserved